2008年11月29日

遅ればせながらの報告

だんだんと寒くなってきましたね。

前回記事を投稿したときに風邪には注意してくださいと書きましたが、

その後すぐ風邪をひいてしまった団長です。おはようございます晴れ


というわけで、最近聴きに行った演奏会の報告をしたいと思います。

11月16日 京都府立府民ホールALTI

京都フィグラールコール演奏会

バッハ ミサ曲ロ短調 Messe in h-moll BWV232

久しぶりに生でバッハのロ短調ミサを聴きましたひらめき

前に生で聞いたのが5年くらい前だったかなぁ

やはり生演奏はいいですexclamation感動しましたexclamation

大学合唱団時代の先輩が在籍されているという縁で行ったのですが、

めちゃよかったですわーい(嬉しい顔)

実はこのミサ曲には色々と逸話があります。

バッハはプロテスタント信者だったのですが、この曲のKyrieとGloriaを

カトリック信者のとある王様に献呈しました。

このことからバッハはこのミサに宗派を超えた平和への願いを込めたのではと言われています。

また、KyrieとGloriaを作曲してから15年後にCredo以降の曲を作曲しています。

これはバッハが自分の死期を悟っていたからだと言われています。

なぜなら実際この曲がバッハの遺作であり、作曲中に自分の後任を選ぶテストを行っていたからです。

バッハの様々な思いがこめられたこのミサを見事に表現されていたと思いました。

自分たちのミサにも生かして行こうと思いますexclamation×2


次回も演奏会の報告をしますのでお楽しみにるんるん
posted by コール・コロン at 07:53| Comment(0) | 団長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

週末音楽漬け

タイトルが「日付 練習」だと味気ないみたいです(;^ω^)
でもBlog書いてるとタイトル困ったりしません?

ということでまずは土曜の練習。

かわいい2ndステージ練習
↓であれだけミサについてどうこうと述べておきながら
今回の練習はミサじゃありませんでした。
新ジャンルなだけになかなか四苦八苦しつつですが
合唱の枠にとらわれない集団を目指すなら、しっかりモノにしたいところですexclamation

-----

そして今日16日(日)
朝からミーティングで今後の練習日程や
ある程度の演奏会のビジョンの共有をしておきました。
衝撃の新事実が発覚したりしましたが
わたしたちはわたしたちらしくやっていこうと再確認ぴかぴか(新しい)

その後わたしともう一人でコロンでピアノを弾いてくださっている
横山智昭さんが出演するJazzライヴにお邪魔して来ました。
会場はGREENWICH HOUSEという四条河原町の小さな小さなカフェ。

GREENWICH HOUSE
http://www.greenwich-house.com/

「京都で一番小さなJazz Liveのお店」
という名そのもの、全部で10人ほどのカウンター席だけのお店。
前々から私たち二人は気になっていて
外から覗いて入る勇気のなかったところでした。

出演バンドはBreaker×Breaker
倉敷賢太郎(g)横山智昭(p)伊代田大樹(b)川勝昭(dr)

セットリストを控えてくるのを忘れるほど夢中になっちゃいました。
(言い訳じゃありません。でもごめんなさい。)

お店の奥の小さなスペースにPiano/Bass/Drums/Guiterの4人が
キュッと集まって、途中休憩をはさんで2時間ほどでしたが
そんなに時間が経ったのかというほどあっという間でした。

我らが横山さんの新曲(タイトル未定)も披露されていて
横山さんらしいとても柔らかくて優しい曲でした。

最後の曲はGuiterの倉敷さん作曲で、ご本人いわく
「あまりJazzっぽくないけど、自分の最高傑作です」とのこと。
おっしゃる通り、かなりイイ曲でした。
この曲を聴いていて、シャカタクのナイト・バーズを思い出したのは
私だけなのでしょうか・・・大好きな曲なんですけど。

Bassの伊代田さんとGuiterの倉敷さんはこのライヴの後それぞれ別の場所で
演奏されるとのことで、時間があればどちらかに行きたかったのですが
都合により断念(´・ω・`)
かなり熱いサウンドだったので機会があればぜひまた聴きたいです。

ちなみにこのお店のピアノがなんだか独特の音質で、すごく私好みでした。
周りにある物や空気の重たさで音が変わるみたいなので
今日あの時間でしか聞けない音だったのかな、と思うと
ちょっと嬉しかったりします。

-----

一方団長は同じ時間からやっていた京都フィグラールコールの演奏会へ。

京都フィグラールコール
http://kbs.inter-art.gr.jp/chorus/

バッハのロ短調ミサをやっていたそうです。
なんでもこのミサKyrieとGloriaは若い時に作られて
残りのCredo・Sanctus・Benedictus・AgnusDeiは晩年作曲なんだそうで
バッハ本人は完成したミサを聞くことなく亡くなったんだそうです。

こちらに関しては団長の記事で報告を待ちたいと思います。
posted by コール・コロン at 19:53| Comment(18) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

ミサ曲をやるということ

日本人である私たちにとって儀式としての「ミサ」あるいは
その中で歌われる「ミサ曲」というのはどうしても馴染みがありません。
でもせっかく歌うならどういう意味なのか、なんで歌うのか
知っておいた方がきっと一層楽しめるんじゃないのかなっぴかぴか(新しい)

ということで、ちまちまと「ミサ」あるいは「ミサ曲」について
ちょっとずつ蘊蓄でもたれておこうかなと思いますいい気分(温泉)
とはいえ私たちもまだまだ勉強中の身なので
色々な書籍やサイトを巡って拾い集めた情報なので
それ違うよ、とかもっと詳しいこと知ってるよ!って方は
どんどんコメントなりメールなりいただけると助かりますヾ(;´▽`A``

ということで初回はミサそのものについて。

そもそもミサとは?


---転載---

ミサはキリスト教、カトリック教会でおこなわれる聖体祭儀のこと。
司祭が執り行い、信徒が参加するカトリック教会のもっとも重要な典礼儀式である。
古代以来1960年代までラテン典礼におけるミサはすべてラテン語でおこなわれていたが
第2バチカン公会議以降の典礼改革により各国語でおこなわれることになった。
「ミサ」という名称は式の最後のラテン語の言葉「Ite, missa est」(ミサを終わります。行きましょう。)
というフレーズの中の語に由来している。

これに相当する礼拝を正教会では聖体礼儀(せいたいれいぎ)、聖公会では聖餐式という。
英語圏の正教会ではこれもミサと呼ばれることがあるが、ギリシャ語・ロシア語では
正教会の奉神礼である聖体礼儀を指して「ミサ」と呼ぶ事は皆無である。

日本ではキリスト教の公祈祷(礼拝)一般を「ミサ」と呼ぶ事例が散見されるが
「ミサ」とはカトリック教会の特定の祭儀を指す語であり
キリスト教の礼拝一般をまとめて「ミサ」と呼ぶのは誤りである。

なおカトリックにおいても東方典礼カトリック教会においては
ビザンチン式などラテン典礼と異なるミサが行われることがあり
その場合の詳細な式次第などは後述と異なる場合がある。

---転載ここまで--- 出典・Wikipedia

聖体祭儀というのは、平たく言えばキリストの死と復活の記念の儀式なのだそうです。
そもそもの起こりは受難の前夜、最後の晩餐の席において弟子たちに
「明日私は死ぬが三日後に必ず復活する。それまでわたしを『聖体』に据え儀式を行うように」
と伝えたことに由来します。

現在行われている、もしくは今まで古典として残されてきた儀式のミサは
この2000年前の出来事をただ繰り返すだけのものというわけではなく
ミサを執り行うことによって、キリストの受難によって変化したものや
生まれたものを再確認する、あるいはそれらが再び起こるという意味で
続いているのだそうです。



しめの言葉が思いつかないので次回に続くということで。


***

そういえばコロンは練習後によくご飯を食べに行くのですが
この間行ったラーメン屋で恐ろしいものを頼んでしまいました。






21115263_3163850807s.jpg


その名も「ど根性餃子」 一人前3個入り 550円也。
世の中広いものです。
posted by コール・コロン at 09:22| Comment(5) | About Missa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

深まる秋

お久しぶりです。団長です。

最近めっきり寒くなってきましたね。

体調が崩れやすいので気を付けてくださいね!


さてさて、先々週の練習では練習ではなくとある音楽会を鑑賞しにいきました眼鏡

大学1回生が主催していたのにクオリティーの高さにびっくりしました!

若いパワーを全身に浴びたので僕らも彼らに負けないように頑張りますよパンチ

帰りに魁力屋でラーメン食べたのできっと大丈夫です!


はい、次にまいります!

先週の練習ではミサをがっつり練習しました。

みんなだいぶ板についてきたようで私が足を引っ張っていた?
ような気がしないでもありませんあせあせ(飛び散る汗)

残り3か月ちょっとですが全力で走りぬけたいと思いますわーい(嬉しい顔)


練習気になる方は是非声をかけてくださいね〜^^

posted by コール・コロン at 22:24| Comment(3) | 団長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。